UA-44899373-1

田中 峰彦

シタール演奏家

1983年民族音楽とりわけ北インド古典音楽の豊かな音楽性・即興性に魅せられシタールをはじめる。1988年渡印、カルカッタ(現・コルカタ)にてシタールの巨匠故ニキル・べナルジーの直弟子で演奏家のアミット・ロイ氏に師事。各地で演奏活動を行い、豊かな詩情とワイルドさをあわせもった演奏には定評がある。

またインド古典音楽の一方では、作曲家としての評価も高く、民族音楽の旋法や歌いまわしを駆使したオリジナル曲を独自の奏法により発表。さまざまな演奏家や舞踊家との共演、テレビ・ラジオ出演など、精力的な活動を展開。
そのほか後進の育成にも尽力しており、2016年より大阪音楽大学講師。


CD作品

自作曲による「ミネラル・ファンタジー」「上下楽園」など。
そのほか参加作品多数。

海外公演

2002年英国グラストンベリー・フェスティバル、2006年・2008年ノルウェー、2008年フランス国立劇場(リール)出演、2010年・2011年台湾

ホームページ

http://www.minehiko.com


紹介は記事はこちら




Minehiko Tanaka

sitar player

Minehiko Tanaka began Sitar in 1983 after discovering the rich musicality and improvisational possibilities of North Indian classical music.
Moving to Calcutta in 1988, he pursued his studies under the esteemed Amit Roy, a disciple of the late master, Pt. Nikhil Banerjee.

Since that time, he has performed widely, winning acclaim for both the sensitivity and passion in his playing.
Along with classical Indian music, Tanaka has also established an original style which transcends India,
reflecting both his own Japanese roots and Asia as a whole.

Numerous compositions for solo and ensemble performance, as well as theatre and dance collaborations, show his unique blending of traditional scales and phrasing with eastern melodies and western harmonies.

CD Album

Joge-rakuen(2008,Ten-Bridge),
Mineral Fantasy(2001,Ten-Bridge)  SARASWATI (1995,Ten-Bridge)

Official Site

http://www.minehiko.com


minehiko1.jpg

minet4.jpgminehiko.JPG

1 (16).JPGmine.JPG1 (1).jpg
1 (12).JPG

クリックすると拡大します。






j-mineral.jpg




joge_2.jpg