UA-44899373-1

 はじめにひとこと


インド音楽のジャンル


ひとくちにインド音楽といっても、伝統音楽、宗教歌、ヒンディー・ポップスなど、さまざまな分野の音楽があります。

  ▼

伝統音楽



日本の伝統音楽にも、大衆芸能から宮廷音楽(雅楽)、能、民謡などがあるように、
インドの伝統音楽にも多様なジャンルがあります。


古典音楽:北インド古典音楽(ヒンドゥスタニー)、南インド古典音楽(カルナータカ)


民謡:自然への恩恵をうたったものが多く、各地方に伝わる。


宗教歌:奉納音楽、バジャン、カッワーリなど。


古典舞踊の音楽
など

シタールと打楽器タブラで演奏するのは、おもに「北インド古典音楽」です。



  ▼

北インド古典音楽


16世紀頃、ムガール朝の宮廷音楽として発展した音楽で、現在ではインドのみならず世界中で多くの人に親しまれています。


インド音楽は、基本的に旋律の音楽で、音をくゆらすなど独特の装飾によって表現されます。西洋音楽の和音(ハーモニー)にあたる概念はありません。


季節や一日の時間帯など、自然の流れともかかわりの深い音楽です。「春」「雨」「夜明け」「月」などのムードをもった、さまざまなロマンティックなメロディがあります。


日本の音楽の「こぶし」や人の声のように曲線的な歌いまわしは、西洋音楽とは異なる大きな特徴のひとつです。


シタールとタブラの演奏者は、メロディとリズムそれぞれの伝統的な音楽のルールをもとに、感性やひらめき、テクニックを駆使し、かけひきしながら、即興的に演奏を展開していきます。


ゆったりとした甘美さと、手に汗握るスリリングさ、芸術性とゲーム性をあわせもった音楽です。





「ラーガ」について


Raga

◎「ラーガ」は、「心を彩る」というサンスクリット語に由来しており、西洋音楽の「メロディ」や「曲」にあたるもので、音階の型ともいえます。

◎ 「ラーガ」には数多くの種類があり、そのひとつひとつが異なったキャラクターをもっています。


◎ それぞれのラーガには名前があり、使う音、強調する音、音の動き、特徴的なフレーズ、演奏されるべき季節・時間帯や天候、さらに愛情・喜び・不安・敬虔といったムードなどが特定されています。










「ターラ」について


Tala


西洋音楽の「リズム」にあたるもの。
さらにいえば、一定の拍節をもった「リズム・サイクル」のことです。

それぞれの「ターラ」には名前があり、独自のリズム・パターンをもっています。

一週間が月・火・水・木・金・土・日の7日間で構成されていて、それが何度もめぐるのと同様に、それぞれの「ターラ」は種類によって一定のリズムパターンをもっています。






演奏の構成




導入部。主奏者の独奏です。
ひとつの音から他の音へ、ひとつのフレーズから他のフレーズへ、低い音域から高い音域へと、ゆったりと展開していきます。
ターラによる制約はなく、メロディのみで即興的に展開し、ラーガの特徴を示していきます。




アーラープに続く独奏部で、テンポ感があり、さらに複雑に展開します。





ここからはタブラも加わっての、ターラをともなう合奏部です。
ここではテーマとなるメロディ、またその変奏を、さまざまなワザを駆使しながら、即興的に展開していきます。
ゆったりとしたテンポで始まり、徐々にスピードをあげていきます。





リズムを強調しながら、演奏者の限界に近いスピードにまでテンポをあげていきます。
どんどん盛り上げ最高潮に達したところで、演奏が終わります。





●おなじラーガ・おなじ演奏者であっても、即興的に展開する音楽なので、 その時・その場のムードによって演奏が異なります。

●いろいろな演奏をきいてみてください!


●でも、あまり難しいことは考えず、思い思いにのんびりと、ね!